シャコー株式会社 大判複合機、3Dプリンタ販売&コピー、電子化スキャニング、大判プリント、CAD出力、3Dモデル造形サービス

3DプリンタEDENの造形プロセス

3DプリンタEDENの造形プロセス

EDEN造形プロセス

<EDEN概要>
一つの積層が16ミクロンと非常に薄い為、高精度で滑らかな形状の立体モデルが
作成できます。
切削加工では難しかった可動するようなアッセンブリの一体モデルが作成できます。
クリアランスや空間にはモデルとは違う、簡単に除去できるサポート材を使用する事により
複雑な立体モデルも作成できます。
       
<EDENの造形プロセス>
簡単に説明しますとオフィスや家庭で利用しているインクジェットプリンタのノズルを
思い出してください。
このノズルは印字される用紙にインクを吹き付け画像を形成します。
その一枚一枚がスライスデータだと思っていただければ、EDENの方式は理解しやすい
と思います。 
インクの代わりに樹脂を吹き付けて、これを繰り返し樹脂を積層させる事で立体物を
作成します。

・造形プロセス
.ぅ鵐ジェットヘッドをX軸方向に移動しながらノズルから1層分のモデル材、
サポート材をトレイに噴射します。
▲皀妊觝燹▲汽檗璽蛤爐鯤射すると同時にUV光を照射しモデル材を硬化します。
Z軸を1層分下げ次の層にモデル材、サポート材を噴射します。
い海劉 銑までの工程を繰り返すことで造形を行っていきます。
ズ埜紊縫汽檗璽蛤爐鮗茲蟒くと立体モデルの完成です。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.33
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional